ほくろ除去が人気|永久的に美を手に入れられる

女性
ドクター

美しくなるための医療

自由診療となっている美容皮膚科では、施術内容と一緒に気になるのが料金体系です。後でトラブルが発生しないように事前にしっかりと確認しておきます。ここではトラブルの解消と見た目の美しさを目的とした治療が行われています。

バスト

コンプレックス解消に

コンプレックスを解消する際には努力ではどうしようもない事もあり、いつまでも悩みを抱える方もいらっしゃるでしょう。そのような方は美容外科クリニックを活用してみる工夫を行うと良いと言え、簡単な手軽な施術も存在します。

ニキビ跡にご注意

美容整形

表面が凸凹になることも

ニキビは深刻な肌トラブルの1つですが、ケアの方法を誤ると治った後もなお悩まされることとなります。ニキビの原因菌による浸食がひどいと、肌の奥で炎症や色素沈着が起こります。するとニキビが治った後にその部分がシミとなって残ることがあります。さらに、ダメージが真皮層にまで達すると肌の表面が凸凹状態になってしまうことがあります。これをクレーターといいます。クレーターは炎症を抑えるために細胞がコラーゲンを異常に産出したために、肌の状態が不均等になってしまうことで起こります。ニキビ跡に限らず、肌トラブルは通常はターンオーバーと呼ばれる細胞の入れ替わりによって解消されます。しかしクレーター程度になると自然なターンオーバーを待っていただけではなかなか改善しません。そんな時は、美容クリニックなどで専門治療を受けることで解決を図ることができます。

医療の力で肌を正常化

クレーターを解消するには、肌の表面に残ってしまった瘢痕組織を取り除き、その下からフレッシュな細胞があらわれるのを促す必要があります。肌に残った余分な組織を取り除くには、ピーリングと呼ばれる治療が効果的です。ピーリングとは剥く・はぎ取るといった意味をあらわす言葉ですが、ケミカルピーリング、レーザーピーリングなどの種類があります。ケミカルピーリングは、薬品を使って不純物を取り除く技術です。具体的には弱い酸などの力で不純物を溶かします。一方、レーザーピーリングは医療用レーザーを用いた治療法です。レーザーによって肌の表面に意図的に細かな傷をつけ、その治癒力を利用して細胞を入れ替えます。最近では真皮層にまで届くクレーター治療専用のレーザーも開発されています。

綺麗な肌を維持できる

ほくろの除去手術はいろいろな方法があります。例えば、くりぬき法や切除縫縮、電気分解法などがあります。これらは名前をみているだけでも痛々しくおもえてきます。しかし、最近ではレーザー治療法といい、レーザーを当てるだけでほくろ除去をすることが可能なので安心することができるでしょう。基本的に痛みもなく、すぐに終わるので入院する必要もありません。また、レーザーを使ったほくろ除去は費用も4000円前後でできる場合もあり、一度手術をすると永久的に綺麗な肌を維持できるので試してみるといいでしょう。

女性

吹き出物の治療

最近のにきび治療は、炎症の抑制からアフターケアまで対象としています。大阪の美容皮膚科においても、炎症を抑えることとにきび跡の治療が大きな診療の柱です。にきび跡の治療は、通常自由診療でのみ行うこと出来ます。受診当初から自由診療対応の皮膚科を選べば、トータルで治療が可能です。